English >>
ニュース&トピックス
2016/04/01 農業生物資源研究所は、平成28年4月1日に農研機構と統合しました。 クローンは引き続き、農研機構ジーンバンクより配布します。
2015/02/17 以下のゲノムリソースは4月1日より分譲終了になります。
  • イネcDNAクローン (EST)
  • イネRFLPマーカー
  • イネRFLPマーカーセット
  • ブタBACクローンスーパープール
    (1番から22番)
  • ブタBACクローン4Dプール(各34個)
  • ブタBACクローン
2014/08/18 イネKasalath BACクローンは配布可能になりました。
2014/08/18 オオムギ完全長cDNAクローンは配布可能になりました。
2014/08/01 カイコ完全長cDNAクローンは配布可能になりました。
2011/11/02 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.87)
  • 2011/06/30 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.86)
  • 2011/04/20 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.85)
  • 2011/01/11 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.84)
  • 2010/12/27 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENPEPT (Rel.181)
  • 2010/11/02 The Rice Expression Profile Database (RiceXPro) をトップページに追加しました。
    2010/10/26 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENPEPT (Rel.180)
  • 2010/09/29 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.83)
  • 2010/05/06 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.81)
  • EMBL (Rel.103)
  • GENBANK (Rel.177)
  • GENPEPT (Rel.177)
  • 2010/01/18 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.80)
  • 2010/01/06 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.175)
  • GENPEPT (Rel.175)
  • 2009/12/25 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • EMBL (Rel.102)
  • 2009/10/29 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.174)
  • GENPEPT (Rel.174)
  • 2009/10/07 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENPEPT (Rel.173)
  • DDBJ (Rel.79)
  • 2009/10/01 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.173)
  • 2009/09/18 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • EMBL (Rel.101)
  • 2009/07/07 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.172)
  • GENPEPT (Rel.172)
  • DDBJ (Rel.78)
  • 2009/06/25 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • EMBL (Rel.100)
  • 2009/03/31 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.77)
  • 2009/03/18 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • EMBL (Rel.99)
  • 2009/03/08 農林水産生物ゲノム情報統合データベース をトップページに追加しました。
    2009/03/03 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.170)
  • GENPEPT (Rel.170)
  • 2009/02/09 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • EMBL (Rel.98)
  • 2009/01/15 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.76)
  • GENBANK (Rel.169)
  • GENPEPT (Rel.169)
  • 2008/12/19 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • EMBL (Rel.97)
  • 2008/11/17 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENPEPT (Rel.168)
  • 2008/11/12 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.168)
  • 2008/10/07 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.75)
  • 2008/09/24 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • EMBL (Rel.96)
  • 2008/09/09 INE (INtegrated rice genome Explorer) のURLをhttp://ine.dna.affrc.go.jp/giot/に変更しました。
    2008/09/09 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.167)
  • GENPEPT (Rel.167)
  • 2008/07/08 RiceGAAS予測遺伝子のLocationテーブルにおいて、遺伝子の向き(+/-)が逆に表示されてしまう場合がありました。本不具合を修正しました。ご迷惑をおかけしました。
    2008/06/30 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.74)
  • 2008/06/23 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.166)
  • GENPEPT (Rel.166)
  • 2008/06/16 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • EMBL (Rel.95)
  • 2008/05/09 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENPEPT (Rel.165)
  • 2008/04/25 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.165)
  • 2008/04/08 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.73)
  • 2008/03/13 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.164)
  • GENPEPT (Rel.164)
  • UNIPROT/SWISSPROT (Rel.55.0)
  • UNIPROT/TREMBL (Rel.38.0)
  • 2008/02/04 トビイロウンカEST を「ゲノムプロジェクト」に追加しました。
    2008/02/01 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENPEPT (Rel.163)
  • 2008/01/31 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.72)
  • EMBL (Rel.93)
  • GENBANK (Rel.163)
  • 2007/11/16 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.162)
  • GENPEPT (Rel.162)
  • 2007/10/31 The 5th International Symposium of Rice Functional Genomics (ISRFG 2007) in Tsukuba をトップページに追加しました。
    2007/10/04 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.71)
  • 2007/09/20 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • EMBL (Rel.92)
  • 2007/08/30 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.161)
  • GENPEPT (Rel.161)
  • 2007/07/05 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.70)
  • EMBL (Rel.91)
  • GENBANK (Rel.160)
  • GENPEPT (Rel.160)
  • 2007/06/07 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.69)
  • EMBL (Rel.90)
  • GENBANK (Rel.159)
  • GENPEPT (Rel.159)
  • UNIPROT/SWISSPROT (Rel.53.0)
  • UNIPROT/TREMBL (Rel.36.0)
  • 2007/05/10 RiceGAASで使用しているNCBI BLASTを 2.2.10 から 2.2.16 に更新しました。
    2007/03/12 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • UNIPROT/SWISSPROT (Rel.52.0)
  • UNIPROT/TREMBL (Rel.35.0)
  • 2007/02/14 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.68)
  • GENBANK (Rel.157)
  • GENPEPT (Rel.157)
  • UNIPROT/SWISSPROT (Rel.51.5)
  • UNIPROT/TREMBL (Rel.34.5)
  • 2007/01/09 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.30.0)
    2006/10/10 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.29.0)
    2006/08/07 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.28.0)
    2006/07/07 イネアノテーションプロジェクトデータベース (RAP-DB)のミラーを始めました。
    2006/06/01 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.27.0)
    2006/04/25 イネ白葉枯病菌ゲノムデータベースを「ゲノムプロジェクト」および「 データベース&ツール」に追加しました。
    2006/04/14 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.26.1)
    2006/02/13 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.25.0.1)
    2006/02/09 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.25.0)
    2006/01/25 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.151)
  • GENPEPT (Rel.151)
  • 2006/01/24 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • EMBL (Rel.85)
  • DDBJ (Rel.64)
  • 2006/01/11 PLACEのホームページをリニューアルしました。
    2005/12/20 SWsrchサービス終了のお知らせ
    2005/12/15 イネアノテーションプロジェクトデータベース (RAP-DB) を「ゲノムプロジェクト」および 「データベース & ツール」に追加しました。
    2005/12/04 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.24.0)
    2005/11/16 RiceGAASRiceCpGViewerを追加しました。 イネゲノム上の予測遺伝子位置情報とCpGの分布が参照可能です。

    [Reference]
    Asikawa I, Numa H, Sakata K, "Segmental distribution of genes harboring a CpG island-like region on rice chromosomes."
    Mol Genet Genomics, 2006 Jan; 275(1):18-25. Epub 2005 Nov 9.
    2005/11/15 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.150)
  • GENPEPT (Rel.150)
  • 2005/11/11 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.23.1)
    2005/11/10 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.23.0)
    2005/10/27 第107回農林交流センターワークショップ「ゲノムインフォマティクス(初級編)」を開催しました。
    2005/10/27 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.22.0)
    2005/10/26 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.63)
  • 2005/10/12 "Oryza sativa EST database (OsEST)""Oryza sativa CDS database (OsCDS)"がSRS8から検索可能になりました。
    2005/09/22 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • EMBL (Rel.84)
  • 2005/09/14 DNA配布要領の情報を更新しました。
    2005/09/13 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.149)
  • GENPEPT (Rel.149)
  • 2005/09/05 SRS (Sequence Retrieval System) Release 8.1を公開しました。
    2005/08/31 RiceBLASTのデータベースとして "Oryza sativa CDS database (OsCDS)"を追加しました。 DDBJ release PLN/HTC/PAT/GSS division より "Oryza sativa CDS" のみを抽出したデータベースです。 このデータベースはDDBJ releaseの更新にあわせて更新されます。
    2005/08/17 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.21.0)
    2005/07/12 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • GENBANK (Rel.148)
  • GENPEPT (Rel.148)
  • DDBJ (Rel.62)
  • 2005/06/27 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • EMBL (Rel.83)
  • 2005/06/01 RiceBLASTのBLAST検索結果 アライメント表示をグラフィカルに表示する機能を追加しました。
    2005/06/01 RiceBLASTのデータベースとして "Oryza sativa EST database (OsEST)"を追加しました。 DDBJ release EST division より "Oryza sativa" のみを抽出したデータベースです。 このデータベースはDDBJ releaseの更新にあわせて更新されます。
    2005/05/24 RiceGAASで使用しているNCBI BLASTを 2.0.14 から 2.2.10 に更新しました。
    2005/05/24ゲノムプロジェクト」および「データベース & ツール」に、 イネ遺伝子予測プログラム"GLocate"を追加しました。
    2005/05/23 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • SWISS-PROT (Rel.47)
  • GENBANK (Rel.147)
  • GENPEPT (Rel.147)
  • 2005/04/28 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • PROSITE (Rel.19)
  • 2005/04/24 PLACEデータベースの情報を更新しました。(Rel.20.0)
    2005/04/12 SRS、Fasta、Blastにおいて次のデータベースを利用可能にしました。
  • DDBJ (Rel.61)
  • 2005/04/04 RiceGAASにキーワード検索機能を追加しました。 GenBank CDS feature記載の情報やGFSelectorで抽出された遺伝子機能情報がキーワードで検索可能です。